シミ化粧品はシミの原因で変わっていきます@どんなものがあるのでしょうか?

老人性色素斑のシミ 化粧品について

シミのタイプも様々ですが、一番多いのがシミの代表各とも言われている「老人性色素斑」と呼ばれるシミです。

老人性色素斑は中年以降に多くみられるシミで、日常的に浴び続けてきた紫外線の影響が大きいとされています。

老人性色素斑のシミは、名前からもわかるように年齢にも関係があり40歳以降の人にできやすいのが特徴です。ただ、紫外線に当たることが多い人は早く出る傾向があり、なかには20代で出る人もいます。

老人性色素斑の形は類円形のシミや丸に近いシミ、あるいは形がゆがんだシミが多く、一番多くみられるのが淡褐色で輪郭がハッキリとしたシミです。シミには様々なタイプがありますが、老人性色素斑は他のシミよりも改善できる可能性が大きいシミですから、シミ化粧品なども利用して上手なケアでシミを消すことに挑戦してみてください。

できたシミが老人性色素斑かどうかのセルフチェックをご紹介します。チェックの方法は、いびつな形をしているとか、大きさが1cm程度、そして紫外線対策をあまりしないとか、紫外線対策はしても外の仕事で紫外線に当たる機会が多かったなどの人にできたしみは老人性色素斑のシミの可能性が大きいです。

できてしまった老人性色素斑のシミのケアは、最近では美白効果の高いシミ 化粧品も数多く販売されていますので、自分にあったシミ化粧品を選び、正しいケアをすることをおススメします。

一旦できてしまったシミの改善には時間がかかります。そして、気にし過ぎるとそれがストレスになりシミを濃くしてしまいますから、ゆったりと構えてシミの改善に努めてください。

肝斑(かんぱん)のシミ 化粧品について

シミのタイプのひとつに薄いベージュ色をした肝斑(かんぱん)のシミがあります。女性に多く出るのが肝斑のシミの特徴で、ホルモンシミともいわれている肝班は、女性ホルモンに大きく関係していて妊娠した時や避妊薬を服用した時に出やすくなっています。

しかし、他のシミと同じく紫外線に当たることで症状がでたり現れたり、シミが悪化するため、やはりどんなシミにも紫外線対策が必要です。女性ホルモンが関係しているシミなので、女性ホルモンと同じような働きがあるとされる成分の大豆イソフラボンを積極的に摂ることをおススメします。

納豆やお豆腐やみそなど大豆製品はたくさんあり、健康にも効果がありますから、食生活の習慣にすることをおススメします。

多くのシミはシミ化粧品などのケアでそれなりの効果が期待できますが、肝斑のシミの改善は難しく、改善どころか悪化してしまうことも多く、また、自己判断で間違ったケアでさらに濃くすることを避けるために皮膚科で相談をしてみることをおススメします。

また、早くキレイにするにはレーザー治療を行う人も多くいますが、肝斑の治療は難しく、レーザー治療で肌が刺激されてメラニンが発生しシミが濃くなってしまう可能性もありますから、肝斑シミのレーザー治療はおすすめできません。

肝斑のシミができた30代の女性がいますが、その女性の場合は、頬骨を中心に顔全体に黄色っぽいシミができ、皮膚科へ行ったところ肝斑のシミと診断されて飲み薬と塗り薬を処方されて1ヶ月に1度の通院を3ヶ月ほど続けて治ったといいます。

他のシミならシミ化粧品のケアで治ることが多いようですが、肝斑のシミは皮膚科へ行くことをおススメします。

ソバカス(雀卵斑)のシミ 化粧品について

多くのシミは、シミ化粧品での正しいケアで治ることが多いので諦めないでください。

シミの種類のひとつに雀卵斑(じゃくらんはん)があります。通常そばかすと呼ばれるこのシミは、昔は「ソバカス美人」ということばがありました。
現在はほとんど使われなくなったこの言葉ですが、なんと最近は「ソバカス女子」という言葉が生まれ、女性を可愛く見せるチャームポイントとなっているようです。

歴史は繰り返されると言いますが、そばかす美人が復活したようです。ソバカス(雀卵斑)とは、大きくても米粒くらいで薄茶色のシミです。男性に持てるというソバカスは、遺伝的な要素が大きなシミで、紫外線にあたって引き起こされますが、紫外線が原因の老人性色素班と明確に区別されています。

ソバカスの特徴が10代の頃からしだいに増えて紫外線によってさらに増えます。ソバカスは遺伝的要素が強いためにシミ化粧品の美白化粧品などでは効果が得られにくいため、ひどいソバカスで悩んでいるのでしたらレーザー治療がおススメです。

また、フォトフェイシャル(IPL)での治療もおススメです。

フォトフェイシャルとは、幅広い波長を出す光を照射してシミやシワほかの肌トラブルを改善する治療法です。

フォトフェイシャルは、シミやソバカスなどの治療だけではなく、コラーゲンを増やす効果や毛穴や肌を引き締める効果もあり、キレイな肌になることが期待できる治療法です。

フォトフェイシャルはレーザー治療よりも穏やかな治療のため、ソバカスを治療するためには4〜5ほど通院する必要があります。ソバカスではない一般のシミ対策のシミ化粧品には、若返り効果のあるコラーゲン入りの美白化粧品もおススメです。

炎症後色素沈着のシミ化粧品について

シミのタイプはいくつもありますから、シミのタイプに合わせた正しいケアをしてこそシミの改善ができます。多くのシミは改善が可能なので諦めないでください。

シミのひとつに「炎症後色素沈着のシミ」というのがありますが、ニキビは治ったのに、なかなか跡が消えないなどという時は、この炎症後色素沈着のシミになっていることが多いようです。

紫外線の影響のシミが多いですが、シミのメカニズムは刺激からもおこり、虫刺されや傷ほかあせもなどの刺激がメラノサイトに伝わってメラニンを作りシミとなってしまいます。そのシミが炎症後色素沈着のシミなのです。

炎症後色素沈着のシミは、皮膚が刺激を受ければ体中どこにでもできるシミです。特に日本人など黄色人種メラニンが多いため炎症や何らかの刺激を受けて色素沈着を起こしやすい傾向があります。

このように刺激を受けてもなってしまうシミですから、レーザー治療がシミの種類によっては悪化させてしまうというのはこのためです。

レーザー治療で炎症後色素沈着のシミが濃くなってしまった女性がいますが、医師の指示に従って、ビタミンC のサプリメントを飲んで、紫外線を完全に避けて、シミ化粧品でのケアをしたそうです。それを続けたら3ヶ月程でだいぶ薄くなったと言います。

3ヶ月で薄くなったのは早い方で、一般にできてしまったシミの改善にはかなりの時間を必要とします。そのため焦ったりストレスにもなりがちですが、多くのシミは改善できることが多いので、シミ化粧品でケアをしたり食事に気をつける他、睡眠時間をたっぷりとることをおススメします。